女性のバランスを保つ

生理不順の改善に効果的

よもぎ蒸しは膣の粘膜に効能を届けることでその効果を発揮します。膣は子宮につながる重要な部分。とくに生理痛や生理不順のある方にとっては大変効果的な療法でもあります。膣や子宮の血行不良は、子宮や卵巣に様々な病状を発症させるといわれています。適切に正しい血流があることで、生理痛や生理不順が改善されやすくなるのです。
ただし生理中は、血液の巡りや変化している時期です。いつもよりも臭いに敏感で、温度の変化にも敏感な時期でもあります。そのため生理中のよもぎ蒸しはオススメできません。経血が収まった時期、また生理前の気分が落ち込みやすい時期によもぎ蒸しを行うことで血流が正常になり、精神が落ち着きやすくなるといわれています。

更年期障害にもメリットがある

よもぎ蒸しは生理だけでなく、閉経前後の更年期女性達にもオススメです。閉経が始まると膣は縮まり、その周辺の筋肉が硬くなりやすく、血流不良を起こしやすいといわれています。よもぎ蒸しは、膣周辺をスチーム効果で優しく温めるもの。そのため、硬く血流不足になりやすい膣や子宮、卵巣を優しく温め、下半身全体をゆっくりと温める効果があります。
更年期障害はホルモンバランスの乱れが大きな影響となるものですが、身体を温めることでホルモンバランスに大きな影響を与える副交感神経系が優位になりやすくなります。
更年期障害でイライラが強くなる、不安が強くなるといった際には、ゆっくりとよもぎ蒸しで下半身を中心に温めてあげると精神を落ち着かせることができます。


この記事をシェアする